Blogスタッフブログ

少なくなりましたね ―駄菓子屋―

秋風、虫の声が心地よく、遠くから聞こえる祭囃子の

練習の音に季節の移り変わりを感じる今日この頃。

幼い頃よりお世話になった近所の駄菓子屋が惜しまれ

ながら45年間の歴史に幕を下ろしました。

 

子供達の話では店の御主人も高齢になり体調も芳しく

ないと聞いていたので仕方がないとはいえ、実際に下

りたシャッターを見ると寂しさがこみ上げてきます。

 

思えば本当に地域に根付き愛された店でありました。

ただ買い物の場ではなく、子供達の教育の場であり、

社交場であり、また時には相談相手でもあったり・・・。

 

また最近では郊外でも増えつつある若い外国人就労者

にとっても居心地が良かったようで年々国際色豊かに

なってきており、地元住民との交流の場としても機能

しておりました。

 

決して利益追求できる業態ではないので誰かが継承し

て存続させることは難しいのでしょうが、近江商人の

商訓「三方よし」の中の一つ「社会貢献」面が大きな

店だっただけに地域住民としては一抹の寂しさを感じ

てしまいます。

 

商売大小様々あれど社会より必要とされ愛されなけれ

ば成り立たないのは必然。そんな小さな駄菓子屋に

その商売の基本を見せていただいた気がします。

最後に、「ありがとう。玉置商店。お世話になりました」

営業部 I.S

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

カテゴリー

製作実績

アーカイブ

chemical-formulachemical-formula