Blogスタッフブログ

あなたは、きっと誰かの光だ。

かつての有名なエピソードで、2007年に日本人記者

がテニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラ

ー選手に対し「なぜ日本のテニス界から世界的な選

手が出ないのか」と質問したところ「何言ってる?

日本には国枝がいるじゃないか」と返され、その記

者は自身含めパラスポーツに対する日本人の認識の

低さ、欧米との意識差に気づかされたといいます。

 

もちろん国枝とは車椅子テニスのレジェンド国枝慎

吾選手のこと。東京2020パラリンピックでも自身3

つ目の金メダル獲得という偉業を成し遂げられまし

た。そんな多くの感動を生んだパラリンピックもつ

いに閉幕。多様性に対する社会の意識変化を感じる

とともにまだまだ未熟な面、問題を浮き彫りにする

良い機会ともなったようですね。

 

パラリンピックは社会の成熟度を測るバロメーター

と評されることもあるそうです。史上最多164ヵ国

が参加した本大会の開会式を観ると、なるほど。先

進諸国は流石の大選手団!我が日本も過去最多254

人の参加となり社会の成熟、意識の向上を感じさせ

られました。

 

中には僅か1名~極少数での参加国も…。ソマリア、

シエラレオネ、南スーダンといったアフリカ紛争地

域からの参加国もそうですが、これらの国々は先進

諸国に比べてお世辞にも恵まれた環境ではないと思

われ、不安定な国からパラアスリートとしてここに

至る道程は本当に大変なものと想像します。早く政

情が安定し、かつての日本が歩んできたように大会

を重ねるごとに選手数を増やしていって欲しいもの

です。しかし母国の希望を一身に纏った彼らの姿は

まさしく

「あなたは、きっと誰かの光だ/Share Your Light」

共生社会実現の願いを込めた本大会聖火リレーのコ

ンセプト、これを体現したかのような姿に私は感動

し、賛同した一人です。

営業部 I.S

この記事をシェアする

カテゴリー

製作実績

アーカイブ

chemical-formulachemical-formula